top of page
YAM Yokoito Additive Manufacturing
Yokoito Additive Manufacturing

【新サービス】PBF造形品後処理サービス開始

更新日:2月8日



いつもご利用ありがとうございます。YAMプリントサービスです。YAMプリントサービスでは新たに樹脂PBF造形品の後処理サービスをスタートしました。 PBF製品のさらなる価値向上に是非ご活用ください。


樹脂PBF造形品後処理サービスとは?

樹脂PBF方式3Dプリンタの造形の後処理である「ブラストクリーニング」作業やクリーニング後、造形品の表面をより均質に仕上げる「ポリショット仕上げ」をYAMプリントセンターにて受託加工いたします。ブラストクリーニングのみ、ポリショット仕上げのみでも承ります。


また、造形からのご依頼もYAMプリントサービスビジネスプランより承っております。




ブラストクリーニングとは?

クリーニングでは造形物を取り出した後の状態から、未焼結パウダーを取り除きます。YAMプリントセンターでは自動処理機を導入し、安定した品質を短期間で仕上げることが可能です。


▲左クリーニング前、右ブラストクリーニング後


ポリショット仕上げとは?



ポリショット仕上げではブラストクリーニングに加え、さらに表面を滑らかにする処理方法です。

PBF造形品特有のざらざらとした質感が改善され、表面が均質になります。ポリショット仕上げを行うことで、造形品の撥水性が向上する他、ざらつきが改善されるため、人肌に触れる部品にも最適です。中量・大量生産にも対応いたします。


詳細はウェビナーをご視聴ください。

開催日時:2024年2月8日(木)11:00-12:00

※開催日以降はオンデマンドでご視聴いただけます。

参加費:無料


本ウェビナーではコスト削減と品質向上を実現する、「ブラストクリーニング」と「ポリショット仕上げ」について詳しく解説いたします。





まずはお見積りから

YAMプリントサービスビジネスプラン見積もりフォームよりお申し込みいただけます。お見積もりの際は後処理を依頼したい造形品の3Dモデルデータを添付してください。

※造形品の形状によっては手作業でのクリーニングをご提案する場合がございます。


造形からご依頼の場合、表面仕上げオプションは無料でご利用いただけます。





 

<本件に関するお問い合わせ>

平日 10:30-13:00・14:00-17:00



閲覧数:95回0件のコメント

Comments


bottom of page